Teacher Profile

Teacher  Profile

 

料理教室  TO ME cooking 主宰
想いやりごはん研究家

内堀 智美(うちほり ともみ)

 

 

保有資格

♡内閣府所管 公益財団法人 日本生涯学習協議会認定
健康食育シニアマスター

♡日本インナービューティーダイエット協会認定
インナービューティープランナー

♡野菜ソムリエ
♡アイディアヒューマンサポートサービス
プロカウンセラー養成コース 修了

これまでの歩み


幼い頃から、根っからの真面目っ子。

やるからにはとことんやらなければ気が済まず、
コツコツ努力することを惜しまない性格でした。

成績やしつけに厳しい両親のもとで産まれ、
いつもちゃんとしてないと!
勉強も運動も、完璧にできないとかっこ悪い!
と、小学生低学年の時から意識していました。

中学・高校は、部活で吹奏楽に打ち込みつつ、受験のために
1年生の時から塾に通い詰める、周りの同級生とは少し違う子どもでした。

 

しかし、大学受験で、第一志望だった大学は不合格。
それまで、努力によって望みを形にしてきた私にとって、
過去一番の大きな挫折でした。
「もう1年、頑張りたい」と大学進学を先送りにすることを
望んだものの、
両親の大反対を受け、
仕方がなく、滑り止めで通った大学に通い始めます。

ずっと関心のあった心理学の勉強は出来たものの、
受験の失敗はなかなか吹っ切れませんでした。
幼い頃から、自分の言いたいことを伝えるのが苦手で、
特に両親を目の前にすると言葉に詰まってしまう私。

 

そんな自分自身が、情けなくて嫌いだったし、
原動力だった目標が断たれ、将来の方向性を見失っていました。

マイナス感情はどんどん大きくなり、
ストレスが溜まるほどに、食欲もだんだん低下。
日に日に痩せていく姿を見かねた両親に
病院に連れて行かれ、
何種類も検査をしたものの、
身体の中の異常は見つかりませんでした。

 

半年ほど、様々な病院を転々としました。
その間も、食べる量はどんどん減り続け、
食べ物が受け付けられない
身体になっていくのが
自分でも分かりました。

遂には、食べ物に対する 恐怖を感じるようになり、
1日に何も食べない日も増えていきました。

 

最後の頼みの綱で紹介された大学病院に行きついた時には、
このままでは命が危ないと医師から言われるまで、
体重が落ちてしまっていました。
20歳で体重32kg。重度の拒食症と診断されました。

 ◆



それでも何とか入院は免れ、
大学に通いながら卒業まで通院しました。
体重は40kgまで戻りましたが、心の部分は変わらないまま。
食べることへの不安・恐怖は全くなくなりませんでした。

朝は、フルーツかドリンク状のものしか食べられない。
昼は、お腹がどんなにすいても、不安で何も口に出来ない。
夜は、19時以降に食事をするのが怖い。

3食しっかり食べるのが当たり前だった両親とは
何度も衝突しましたし、
親しかった友人にも、
本当のことは一切話せませんでした。

 

食事でそんなに悩むなんておかしいんじゃないの?
そんなふうに思われることが怖かったし、

実際に、同じようなニュアンスの言葉に
ショックを受けたこともたくさん。

「経験したことのない人は、同情することは出来ても、
共感することはできないんだ。」
そう気づいた時、とっても寂しく、
心もとなかったのを、今でもよく覚えています。



周りに頼れる人はいなかったけれど、
何とかして状況を良くしたかった私。
独学で、栄養・食べ方・身体・心と食事の関係性など、
食事にかかわることを片っ端から学びました。

本やインタ―ネットを読み込んだり、
カウンセラーや管理栄養士など、

専門家からも直接指導をしていただきました。
そして、得た知識を、自分の生活で少しずつ試してみて、
身体と心の変化を見ていきました。

 

そもそも、正しい食事というのは存在していなくて、
その時の自分に合った食事を、
自分で選択していくことが大切なんだ。

身体を大切にした整えるための食事”と
好きなものを食べたり、誰かと囲む“楽しむための食事”の
両方のバランスをとることが、
元気で幸せにいられる秘訣なんだ。

 

それまで、周りの人や医師から言われること、
一般的な栄養学、メディアで見かける健康情報にばかり
気をとられていた私が、そう気づいた時、
食べることに対する恐怖感が
少しずつ消えていきました。

食事をすることが、苦痛で仕方がなかったのに、
幸せで自分が癒されていく感覚を
持てるように
なったんです。

 

食事へのストレスが減ると、
身体も心もどんどん調子が良くなり、
毎日の生活までもが、
信じられないほど楽しく
なっていきました。

ポジティブなものの見方ができるようになったお陰で、
自分に自信が持てたり、人と積極的に関わるように
なったり、
自分の意見を伝えられるようになったり・・・
まさに人生が変わった感覚
でした。

 

「表情がびっくりするほど明るくなった!」
「なんだかイキイキしてるね!」
過去の私を知る人からは、よくこんな言葉をかけられます。

 


最後に。私の想い

自分のことが大嫌い。
周りの人のことも信じられない。

そんな中命の危機に追い込まれ、
目の前が真っ暗だった7年前。

“正しい知識”を学んで、“自分に無理なく”実践する
ことで、
想像もできなかった幸せを、今は手にしています。

 

食事を変えれば、心が変わる。
心が変われば、人生も変わる。
そして、人生を変えるのはいつからでも絶対に遅くない

心から食事を楽しめて、自分自身と大切な人の幸せを
守れる
女性がもっともっと増えますように。

TO ME cookingは、そんな想いをこめて作った
お料理教室です。

 

あなたが作る、あなたのためのお食事、
ぜひTO ME cookingに見つけに来てくださいね。
あなたにお会いできることを、楽しみにしております!!

 

“あなたのため”の食事と出会い輝く未来をつくりだす
TO ME cooking 主宰

想いやりごはん研究家
内堀 智美