揚げ物を、罪悪感なく美味しく食べるコツ

唐揚げや、天ぷら、コロッケなどなど…
あなたは、揚げ物、お好きですか??

身体に優しい料理、健康的な料理って、
どんなもの??と聞いてみると、

「野菜たっぷり!」
「油を使わない、蒸し物や焼き物」
「低カロリー、低糖質なもの」

という答えが、とても多いです。

じゃぁ、その真逆になりそうな
揚げ物って、身体によくないのかな??

身体のためには、
食べない方が良いのかな??

あなたはどう思いますか??

工夫次第で揚げ物も罪悪感なく!

「揚げ物、嫌いだから食べないの!」
それなら、良いんです。

でも、

「食べたいけど、我慢している」
「食べたいけど、胃もたれなどでしんどくなるから食べられない」

なら、楽しめるように
ちょっと工夫してみましょう!

身体の土台ができていれば、一食食べたところで、
太ることも胃もたれすることもほぼありません。

単純に食べ過ぎでないなら、
一食分の揚げ物に対応できないほど、
消化器官が弱っている可能性を、まずは考えてみよう。

ともみ
最近、卓上フライヤーを購入しました!使う油も節約できるし、温度管理も簡単。コンロに油が飛び散ってベタベタになることもないので、とても楽です🙌

揚げ物を身体に優しく食べるコツ

もちろん!
なるべく消化に負担がかからないよう
工夫するのも大切。

我が家は、主人が天ぷらやコロッケ好きなので、
結婚してから月に数回、揚げ物の日があります。

そこで、気をつけていることを紹介します🖋

 

油は使い回ししない

オイルポットに入れて保存して、
数回使うお家もあるかと思うんですが…

それ、絶対にやったらいかんやつです。
加熱で酸化が進み、さらに保存で追い討ちをかける…

油がもったいない、とか言わずに、
毎回新品を使ってください!!

揚げ油は、酸化しにくいものを!

一番のおすすめは、米油
菜種油もメジャーですが、米油の方が酸化しにくいと、
とある製油メーカーさんの研究でわかっています。

もっとこだわれるなら、圧搾法で作られたものが良し!

消化をサポートするものをプラス!

揚げ物を食べる時に、ぜひ一緒に
食べてほしいものがあります。

それは…ごはん!!

カロリーも、糖質も増えるじゃない?!
と思った方は、
ぜひ、こちらの投稿も読んでみて!

栄養バランスが気になる方が、今すぐチェックしたい2つのポイント

2020.10.31

大切なのは、カロリーをどの栄養素からとるのか??
のバランスです!
そこを整えるだけで、エネルギーの燃えやすさが
変わってきますよ!

今回は、私が取り入れている、
「揚げ物を身体に優しく食べるコツ」の
一部をご紹介しました🙌

「我慢する」ではなく、
「どうしたら美味しく罪悪感なく食べられるかな」
と考える方が、何倍も楽しいし、
結果的にはうまいこといきますよ♪