大切なのは、頭じゃなくてこころと身体で選ぶこと…摂食障害克服までの道③

[voice icon=”http://omoiyari-gohan.com/wp-content/uploads/2020/03/07-02-05-014-1.jpg” name=”ともみ” type=”l”]

これまでの話は、こちらをご覧ください!!
[kanren postid=”3948″]
[kanren postid=”4072″]

[/voice]

自分を変えるために必要なのは〇〇なこと

ぼろぼろになったこころと身体を整えるため、
食事について学び始めた25歳のわたし。

しばらくして、驚いたのは…

「現状を変えるのに必要なのは、
決して難しいことばかりではない」

ということでした。

 

・シンプルに調理して、食材そのものの旨味を活かす。
・頑張りすぎなくていい、でも丁寧につくる。
・自然に近いものを選ぶ。
・生産者さんの想いが詰まった調味料を使う。
・よく噛む、ゆっくり食べる。

ね、難しくないでしょ??
習慣になってしまえば、特段意識しなくても
できるようになりそうですよね。

蒸しただけの野菜がこんなにおいしいんだ!
お味噌や醤油って、蔵元によって全然香りが違うんだ!
よく噛むと、お米ってこんなに甘いんだ!

…何もかもが発見だっだし、
そこには、食べることへの恐怖感や罪悪感は
一切ありませんでした。

食事を大切にすることは、自分を大切にすること

さらに、こんなことの重要性にも気づいていきます。

こころと身体、両方の声を聞く。
食べるものを頭で選びすぎない。
食べられることに感謝をする。

弱い自分も受け入れる。
「人は人、私は私」を軸に、自分で歩む道を選んでいく…


真面目一徹で理論派の両親のもとで育った私は、
頭でっかちになってしまっていたんだと思います。

周りの目や情報ばかりを気にして、
「自分はどうしたいのか」を完全に置き去りにしていた。

 

食事も、生き方も、もっと自分に正直でいいんだ。

そんなことがわかってからは、
なんだか毎日がラクに楽しくなったし、

あれだけ止まらなかった遅い時間の過食が、
少しずつだけど確実になおっていきました。

また、食の学びを深めている時に出会った
たくさんの仲間たちも、
私が自信をもつ後押しをしてくれました。

「食べることで悩んでいたのって、
私だけじゃなかったんだ!」

そんなことに気づくと、万年の“自分嫌い“も
どんどん改善していました。

[voice icon=”http://omoiyari-gohan.com/wp-content/uploads/2020/03/07-02-05-014-1.jpg” name=”ともみ” type=”l”]
10台後半、20台前半の食事の乱れのせいで、
不調が何年も続いていたり、妊娠しにくい
身体になってしまったり、
肌荒れを治すのに、ものすごい金額のお金を
かけていたり…

そんな女性がすごくたくさんいることを
知った私は、食事の改善を通じて
自分のこころと身体、未来が変わっていった
経験を元に、今まさに困っている人の
役にたちたい!
と思うようになったんです。

[/voice]

関連記事

  1. 普通に食べられることが夢…摂食障害克服までの道①
  2. こころを変える食事との出会い…摂食障害克服までの道②
  3. どん底20代を10年で逆転させた方法とは??31歳になりました!…
  4. 妊娠は難しいと言われた私が、 自然妊娠・出産できた理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP