子どもが生活軸になるワンオペママの、こころが楽になる考え方

私ごとですが、今月の22日、
息子がハーフバースデーを迎えました💐

うちは、主人が不在のことが多く、
産後2週間後くらいから、2〜3日は丸々一人で
息子を見るなんてことも当たり前。

 

生活の軸は、常に息子、息子、息子。
こんなにも自分以外の人を軸にして動いたことは
生涯はじめてと言っていいくらい、
息子中心な半年間でした。

もちろん、それ自体はとても嬉しいことで、
母として、息子の成長や笑顔を一番身近に感じられるのは
かけがえのないことだと思います^^✨

でも、個人事業主で明確な産休・育休がないからこそ、
教室のこと、生徒さまのことは常に頭にあり、

健康や食事を伝える講師だからこそ、
「自分が体調を崩したり、不摂生で産後太りする
わけ
にはいかない!」と、時に焦ることも。

主人がほとんどいないこともあり、
「私、一人」が余計に誇張されてしまうし、
子育て以外でやるべきことが進まず、
イライラすることも不安になることもよくありました。

ともみ
もう少し掘り下げるなら、

子育てはとても楽しい!し、苦痛は全く感じない。

ただ、全く余裕もないし、
大変なことは山盛り…という感じですね。

そして、それを自分一人でこなすための
方法を考える。
きっと、多くの新米ママさんがそうじゃないでしょうか??

息子、初めての熱で考えたこと

そんな中、6ヶ月になって数日後、
風邪をひいてしまった息子くん👶💦

急に熱が出て、夜中に悪化しては大変と
かかりつけの小児科に最終診ぎりぎりで受診。

熱はあっても本人は元気で、
看護師さんに笑顔を振りまきw
その後の指示や対応方法を聞いて帰ってきました。

今朝、熱は下がったものの、
また少し咳が出ていたので、予定していたことを
まるっとリスケ。

お会いするために、時間をあけてくださって
いた方がいたので、とても申し訳なかった。
(しかも、既に一度リスケいただいて、
今日になったので、尚更…)

だいぶ症状も落ち着いたので、
予定通り進めても大丈夫だったと思います。

 

でも、
「わたしが今、一番大切にしたいことは何??」

自分に問いかけた結果、出てきたのは、
「息子の風邪が完全に治って、元気になること」

だから、ご迷惑をかけるのを承知で、
当日朝にキャンセルをさせていただきました。

.お相手の方は、3人のお子様のママでもあるので、
「子どもの熱で予定変更なんて、
これからしょっちゅうだよー!」と
快く調整くださいました。

応援団はたくさんいる!重要なのは、
その存在に気付ける自分を整えること

とは言え。約束のお相手への申し訳なさも残るし、
それ以上の感謝の気持ちも。

コロナのことも考えると、余計過敏になったり…
子どもへの心配の気持ちも、また出てきたり。

いろんなものが混じってどろどろになった、
大阪のミックスジュースみたいな感情がでてきたなぁ。
(例え方wでも、これがしっくりくる🍌🍎🍊

(大阪のミックスジュースはこんなにお洒落じゃないけどね!w)

 

でも、一番強かったのは、
「実は一人で育てているわけじゃないんだな」
という気づき。

主人が月単位で不在にしてまして、
私は今、一人で子どもを育てている状態なので、
なにかと不安やドキドキも多いけど、
いろんなところで、気にかけてくださる方がいる。

目をむけてみれば、味方や応援団ってたくさんいる。
全然一人じゃない。

あとは、その存在に気付ける余裕が、
自分自身にあるかどうかだな、と。

 

母親として、子どもの全てを抱えるのではなく、
もし旦那さんが頼れないなら、
そこはさくっと手放して、
他に頼れる人、頼れる情報に目をむけたらいい。

ないものばかり見ていると、
既にあるものが霞んでしまう。

できないことばかりに着目していると
できるはずのことすらできなくなる。


子どもは生活の軸。
それは間違いないけど、主軸なだけであって、
ほかの軸も一緒にあってもいいじゃない??

主軸を支えるために、誰かの力、
何かの力を借りてもいい
じゃない??

そんなことを再認識した出来事。
一人で頑張らなきゃ!というママの
気持ちが、少しでも楽になれば幸いです🌸