幸せのために、私が食べないモノ買わないモノ

こころと身体に優しい食生活をするには、
“良いものを食べる”以上に大事なことがあります。

それは何かというと、“身体によくないものは、
なるべく食べないこと”

 

“You are what you eat.”
「あなたはあなたの食べたものでできている」

という言葉がCMでも使われ、よく耳にする
フレーズになりましたが、これは正しいようで間違い。

なぜなら、私たちは、口から食べて、
消化吸収代謝できたものでできているから。

 

食べたもの全てが、自分の身体になっている
とは限らなくて

例えば、腸が弱っていたり、腸内環境が乱れていると、
消化吸収が上手くいかなくて、良いものを食べていても、
身体のプラスにならない。
代謝が悪ければ、身体の必要なものに変換できない。

だから私は、良くないものをなるべく避けて、
消化吸収代謝の力が落ちないようにしています!!

では、何を食べないようにしているかというと・・・

幸せのために、私が食べないモノ買わないモノ

それぞれについて、詳しく理由まで書いてくと
長編大作になってしまうので、
ここでは、軽く触れるにとどめますね!

まず、食品を箇条書きにしてみると…

・市販のドレッシング、中華調味料、
パスタソースなど合わせ調味料全般

・市販の粉末だし、コンソメ

・サラダ油

・マーガリン、ショートニングと、
それらが入った加工品やお菓子、パン

・めんつゆ、ポン酢

・砂糖が原材料表示のトップに書かれている
チョコレート

・白砂糖

・スーパーで売っているグラノーラ

・本来の原材料以外が入った発酵調味料

・冷凍食品、コンビニ弁当、スーパーのお惣菜

・加工肉(ソーセージやハムなど)

・魚肉練り製品(カニカマ、竹輪、蒲鉾など)

・牛乳

 

<セレクトの基準>

💡私が、添加物の中で特に気をつけているのは、
アミノ酸などの旨味を加える添加物
濃い味に慣れてしまって、食材本来の旨味が感じられなく
なっては、健康面でもいろんな弊害が出てきます!💦
(私の場合は、仕事面でも!!)

アミノ酸って、加工品や合わせ調味料、粉末出汁に
大体入ってますよね笑。だから、どれも買わないんです。

 

💡白砂糖も、我が家では買わず、
甘みづけはみりんや甘酒、メープルシロップ
きび糖や蜂蜜も、置いている時もあります。
でも、なくても困らないから、置いてない時もあり。

ケーキ屋さんや飲食店のスイーツは、
大体が白砂糖入りのはずですが…
食べたい!と思ったものは、美味しくいただきます🍰
スーパーやコンビニで売っているチルドスイーツは、
目を止めることすらしません笑。

 

💡油の質にも気をつけます
サラダ油、マーガリン、ショートニングは、
ダイレクトに腸内環境に影響するのでNG。

もちろん、それを使って調理したものも避けたいので、
スーパーやデパートのお惣菜も買いません。

じゃあ、どうしても料理が作れない時はどうしてるの??
というと…

お刺身、うなぎの蒲焼など、そのまま出しても
おかずになるものを活用するか、

それすらできない時のために、自然食料品店などで、
無添加のレトルト食品をいくつか買っておいています🙌

(↑にしきやさんのレトルト食品は、種類豊富で原材料もまぁ良いか〜と思えます!)

💡牛乳については、こちらの記事をご参考に!

気になる健康食品、ヨーグルトって身体にいいの??

2020.08.30

加工品に頼るも手作りするも、習慣!
健康を支えるのはどっちかな??

加工品や合わせ調味料を一切使わないなんて、
「不便そう」と思われるかもしれませんが、

シンプルな材料で作れることを知らないから、
そう感じるだけ!

あとは、健康なうちから、健康のことを
いかに考えるかが、すごく重要だと思います。

健康の土台の上に、綺麗も、幸せも、
充実もあると思うから。

この食生活が当たり前になると、
不便なんて感じなくなるし、むしろこれが心地よくなる。
身体の調子も、もちろん良くなりますよ!