よくも悪くも人生を変えた、「父」のハナシ

よくも悪くも人生を変えた、「父」のハナシ

こんにちは、うちほり ともみです😊

親、というか、子どものころに育った環境は、
大人になってからの価値観や性格に、
とても大きな影響がある。



これは、専門家がそう言ってるとか、
本に書いてあったとかじゃなくて、
わたし自身が自分ゴトとして強く感じていて、

自分の過去を振り返っていくと、
親との関係性やら、親から言われた言葉が、
すごい威力を持っている
とに毎回気づきます。

だから、息子への接し方は、もんのすごく気をつけている。「まだ小さいからわからない」は、親の勝手な解釈だから、感情的になったり正論を押し付けたりには、自分で禁止令出してます。笑

波乱万丈な人生の土台を作る
父家系の教え

で、今朝、思い出したけど、
今日は、わたしの父の誕生日です💐


何歳になったっけ??
(いや、覚えてないわ…💦

って感じですが、毎年10/6は、父との関係が
疎遠になった時も、いろんなことを
振り返るきっかけになっています💭

というのも、よくも悪くも、わたしの人生に
与える影響がとても大きかった存在だから。

父と息子。数ヶ月に一回しか会わないのに、すごく懐いてます…!


父は、教師の家庭で産まれたこともあり、
わたしが子どもの頃は、
バリバリの学歴主義な人でした📚

父方のおじいちゃんは校長先生。
おばあちゃんも、高校の教師。

二人ともとても優しかったけれど、
戦争、戦後を教師の立場で生きてきた人なので、

「将来のために、今は〇〇しときなさい!」

という、「今を我慢してでも、未来のために
努力することが絶対である」という価値観。

子どもの時のわたし、というか、
30歳になるくらいまでのわたしは、
思いきりその価値観に洗脳されましたね😢

息子が産まれてから、自分の棚卸しがすごく深まった。この写真、何だかツボw


💡なんとなくやるんじゃなくて、理由や目的を持つこと
💡それを、人から言われるのでなく自分の頭で考えること
💡感情的になって理性を失わないこと
💡言葉遣いを丁寧に、雑な印象を与える表現に気をつけること
💡成績は、上位にいるのが当たり前

大人になってから、役に立っている価値観も
あるけれど、子どもの時は、
ただ、難しくて、威圧を感じて、
親に対してさえも、自分の気持ちをぶつけることができなかった

自分の感情をコントロールするスキルには長けているけど、
自分のこころの奥にある本音をスルーすることも、
無意識のうちにやってしまう
わたしは、
10代20代の時の人間関係や自信のなさに、
とても苦労しています。

高校2年生の時のわたし…顔がこわすぎて、自分って認めたくない!!!!涙


自分で自分を解放し、
過去に縛られずに生きていく

最近気づいたんだけど…

今、仮にわたしが「〇〇をやってみたいな〜」と思った時。
こころの中で囁く“リトルともみ”が、
なんて言ってるかっていうと…


「これをやって、お父さんに怒られないかな??💦

だったの…!!!!!💦

これはもう、衝撃的過ぎて…!

今年、33歳にもなるのに、
潜在意識では、まだ父親の評価を気にしているのか。

と、なんとも言えない気持ちになった。

でも、これってよくあることなんだって。あなたも、なにかブレーキがかかる時は、ご両親との思い出を細かく振り返ってみるといいかも。なかなか根気のいる作業だけど、いろいろ繋がっていくよ!


過去、父から言われたことは、もう取り消し
できないから、自分をそこから解放して
あげられるのは、自分だけ。

「過去に縛られずに生きていく」と決めて、
そこに引き戻されそうになったら、
逐一、今の自分が行きたい方向を見定める。

30年弱蓄積されたものは、すぐには
なくならないけど、この縛りから抜けた自分は、
今よりもっと幸せになってると思う🥰

そして、今だから思うけど、

父自身も、自分の両親から同じような
縛りを受けて、育ってきたのかもしれないな

って。

家系の中で、「良き価値観」と思って
受け継がれてきたことが、実は、自分や
自分の子どもを苦しめる原因になることもあるよね。

誰が悪い、とかではなくて、
違和感に気付いた本人が、
「自分は抜け出すぞ!」って決めることが重要なんだと思う🌈

一緒に水族館へ。息子より、魚好きな父が楽しんでた。笑

新卒から勤めた会社を、数年前に退職し、
今は自分の好きなことをしながら、毎日を過ごしている父🐠

これからも、元気でいてね!
誕生日、おめでとう🎂🌟

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)