これからの時期こそおススメなトマトの食べ方

これからの時期こそおススメなトマトの食べ方

5月も、もうあと10日。
旧暦では既に夏で、
八百屋さんや直売所では、夏野菜がどんどん
登場していますね🥒🍅

突然ですが、私、トマトが大好物!!
今は、春夏秋冬、いつでも売っていますが、
やはり旬を迎えた初夏〜真夏のトマトは格別^^


そのまま生食できて、調理法も手軽。
美容にも健康にも良いトマト🍅

毎日忙しい女性にとって、切ってそのまま
食べられて、
栄養価の高い野菜はすごく魅力。
だけど、トマトはじめ夏野菜には、
特に気をつけてほしいことがあるんです・・💦

暖かい時期、体内は実はひえひえかも・・・

外の気温が暖かくなると、
私たちは、体内の冷えを自覚しにくくなります。

自覚していないだけなので、お腹を触ってみると
明らかに冷えている人は山ほどいる。
手先や足先の冷えも、本人はそれが当たり前に
なって
気づかないケースがたくさんあります…💦

 

そこで、気温が暖かいからといって、
身体を冷やす夏野菜を生で食べていると…

身体にいいどころか、不調の原因になりますね。
食生活の影響は、少しずつ蓄積され、
ある日突然爆発します⚡

最近、暖かい日が続いていますが、
うっかり身体を冷やしてしまうと、
その時は熱が取れて気持ちよくても、
ゆくゆくは夏バテや夏風邪の原因に…

夏にバランスを崩すと、秋以降も、
何かと不調を引っ張りがちです。

暖かい時期こそおススメな
トマトの食べ方

「じゃぁ、トマト食べたらいけないの??」

・・・というわけではありません。
が、食材の持つ特性を活かして工夫する
必要はあります!!

ここでは、身体を冷やさず美味しいトマトを
満喫する工夫をご紹介♪

 

💡加熱調理を取り入れる

トマトはもともと身体を冷やす性質があります。
さらにそれを生で食べたら…冷やし効果が
UPするのも当然。

なので、私は加熱調理も取り入れます🍴

例えば・・

・スープ、お味噌汁に入れたり♪
・パラリとお塩をかけて、スチームしたり♪
・オムレツやココット、魚の水煮缶とさっと煮たり♪


加熱で壊れてしまう栄養もあるので、
たまには生食したり、他の食材でその栄養を
補ったり…バランスが大切です🙌

 

💡身体を温める食材と組み合わせ

トマトレシピを試しに検索すると・・・

・オニオンスライスやきゅうりなど
別の生野菜

・アボカド
・大葉
・豆腐
・酢
など、身体を冷やす食材との掛け合わせが
なんと多いこと!!💦

トマトを生で食べたい時は、身体を温める
性質の食材とも組み合わせ
ましょう。

・生姜
・味噌、醤油など、塩分の強い発酵調味料
・お肉、お魚、卵、チーズ
・黒ごま、ひじきなど黒いもの
油分のあるものは、カロテンの吸収を
高めてくれるので、よりおススメ⭐
“トマト×チーズ““トマト×黒ごま“などは、
温め効果も、吸収率UPも同時にできる
素敵な組み合わせです^^

ちょっとの工夫をするかしないかで、
お食事は身体の味方にも敵にもなり得ます。

味方につけるための正しい情報、
このブログでもどんどんシェアするので、
参考にされてみてくださいね🌸

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA