マイルールから抜け出したいのに抜けられないあなたへ

マイルールから抜け出したいのに抜けられないあなたへ

 

人は、誰しも、自分なりの
ポリシーマイルールがありますね。

人との付き合い方、物事への取り組みかた、
このブログを読んでくださっている方なら、
食に関するマイルールがある方も、多いかもしれません。

 

目標を叶えるため。
親や先生など、誰かからの教えを守るため。
過去の失敗を繰り返さないため。

いろんな理由で、
自分の中のルールを決める。

 

自分で決めたことなのに
三日坊主ばかりなのも、クセになれば問題だけど、

マイルールにとらわれ過ぎて、
思考や行動に制限ができてしまったり、
自分自身が苦しくなってしまうのは、
もっともっと問題です。

先日、「マイルールから、抜け出したいのに抜け出せない!」
というご相談を
いただいたので、

今回は、マイルールと上手く付き合う方法についてのお話です。

 

自分を自分で縛りながら、
20年以上生きていました。

私も、実は、いろんなマイルールに
縛られて生きてきた人間でした。

宿題や課題は、完璧にやる。
親や先生には逆らわない。

みたいな、「典型的ないい子」
らしき
ことから始まり、

食の悩みと戦っていたときは、

20時以降は食べちゃいけない。
お米はグラムを測って食べる。
添加物入りのものは、絶対に食べない。

・・・のようなものも。
(だから、外食になんて、とても
じゃないけど
行けなかった・・・)

あとは、
親とぶつかったらいけない。
金銭的な面で頼ったらいけない。
自分のことは、極力自分でやる。
感情的になったらいけない。

・・・なども、
自分に自分で強いてました。

 

今見ると、過去の自分って、
なんてがんじがらめで生きていたんだろうって
つくづく思います。

でも、その時は、気づかなかったんです。
縛られていない世界があることに、
まだ気づけていなかったから。

 

マイルールによって、あなたが
守っているものは何ですか??


そもそもマイルールが

できてしまうのはなぜか?

というと、

そのルールがあることで、
自分に何かメリットがあるから。

「縛られて身動きが取れなくて、苦しくなる」
というデメリットだけではなく、
そのルールがあることによって
守ルことが出来る何かがあるからです。

 

「マイルールを無くして、新たな自分になりたい」
「もっとラクに生きたい」

そんな思いと両立して、
「変わるのが怖い、このままでいたい」という
自分もいるんですよね。

 

私がこのことに気付いた時、
「マイルールを持ち続けることのメリット」
棚卸しして考えました。

すると、根本には、「自分の弱い部分、できないことを、
他人から受け入れて
もらえなかった時のショックから逃れたい」
という
考えがあることがわかったんです。

 

 

 

ルールを守っても守らなくても、
あなたは安全で、価値がある!!


自分と深く向き合うことって、

とっても勇気がいるし、
時間も精神力もたくさん使います。

でも、ぜひ一度、

「私のマイルールって、何だろう??
そのルールは、どうしてできたんだろう??
自分は、何を守ろうとしているんだろう。」

って、考えてみてください。

特に今、窮屈な感じがしていなくても、
こうやって振り返ると、
自分がどんなフィルターで物事を捉えて
いるのかが分かってきます。

 

マイルールによって、
守っているものが見えてきたら、

「それを守り続けなくても、
自分は安全だし、価値がある」

受け入れること。


そのルールを守っても守らなくても
いいとしたら、
あなたはどちらを選びますか??

ぜひ、自分が心地よくいられる
選択をしてくださいね^^

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA