【処暑】今食べるべき!二十四節季で見るおススメ旬食材

【処暑】今食べるべき!二十四節季で見るおススメ旬食材

一時期涼しくなったと思ったら、
猛暑が戻ってきた大阪・・・

身体がなかなかついていかなくて、大変な時期ですね。

ここ、数年、夏バテならぬ秋バテという
不調に悩まされている方が増えていると聞きます。

夏バテも秋バテも、食べ物の積み重ねが
本当に大きくかかわってくるので、
まだまだ元気な方も!すでに不調気味な方も!
しっかりケアしていきましょう♪

 

処暑って、どんな時期??

二十四節季で、8/23~9/7頃をさします。
“処”というのは、「来て止まる」という意味で、
夏の暑さが落ち着いてくる時期ですね。

この頃の体調は、猛暑の時期、
どのような生活をしていたか
よって、
大きく左右されます。

 

アイスクリームや素麺などの、
冷たいかつ糖質の多いものばかり食べていたり、

クーラーのついた部屋に居続けたり、
湯船につからずシャワーで済ませていたりすると、
体感温度は暑くても、代謝が落ちて体内は冷え冷えに

自律神経も乱れ、結果的に、
残暑の時期に、体調を崩しやすくなってしまいます。

あとは、台風の時期!!気圧が変化しやすく、
頭痛や倦怠感が続く時期でもありますね。

 

身体:この時期出やすいアレルギー、
〇〇と〇〇がおススメ!

季節の変わり目は、アレルギー体質が現れやすい時期。
鼻、目、のど、皮膚など、炎症やかゆみが起きやすい方は、
粘膜や肌が弱い他、
腸内環境が乱れ気味であることが多いです。

味噌やぬか漬けなど、日本で受け継がれてきた
発酵食品をぜひ♪

 

「夏は、熱い汁物を食べる気にならない。」
「お米がのどを通りにくくなる。

・・・そんな方もいらっしゃるかと思いますが、
身体をあたため、腸内環境も良くしてくれる、
“お味噌汁×ごはん×漬物”の組み合わせは
とってもおススメです!

急激な気温の変化のせいで、風邪をひいた!
なんてことも、防止できますよ♪

あ、ホンモノのお味噌と漬物を
取り入れてくださいね^^

 

こころ:区切りの時期。
心身ともに整えて、新たな気持ちで!

気温も涼しくなり、過ごしやすい9月。
ひとつ区切りの時期なので、転職などされる方も
いらっしゃるかもしれませんね。

活動的になるのはOKですが、
夏にたまった疲れが残ったままだと
頑張りもきかなくなるので、
まずは、心身ともに万全の状態まで引き上げる
ことが大切になります。

 

真夏の栄養の偏りは、
心の状態にも関わってきます。

良質なビタミン、ミネラル、食物繊維を、
食事からたっぷりとって、
腸を整え、心もケアしていきましょう♪

 

今の時期は、これを食べよう!

大根

気のめぐりをよくする、
東洋医学ではとても重宝される野菜。

消化器官や呼吸器官を強くする働きがあり、
胃や腸の不調、のどや口腔内の炎症に効果があります。

消化酵素やビタミンCを活かす意味では、
やはり生食がおススメ!

ただ、水分量も多く、食べすぎは
冷えにつながるので注意です!

 

銀杏

高ぶった気持ちを沈めたり、
頻尿を改善したりする効果があります。

銀杏を買ってきて、日常的に食べることって、
なかなかないかと思いますが、
効能を知っていると、
「旬ものだし、試してみようかな」と
思えるかもしれませんね。

下処理など、手間がかかり、
失敗すると危険性を伴うので、
初心者さんは水煮を買ってくるのがおススメです!

 

 

びわ

薬膳では、平性という特性を持ち、
身体を温めも冷やしもしない食材として位置づけられます。
夏の疲れを癒し、乾燥を防いでくれる食材!

ただ、どんな果物でも、
食べすぎは糖分過多になるので、
食べれば食べるほどいい・・・というわけではありません。

疲労回復効果のあるクエン酸がたっぷり♪
びわの色は、にんじんやカボチャと同じ色素のカロテン。
免疫力を高めたり、美肌にも効果のある果物です^^

 

 

食・心と向き合い、新しい自分と出逢える合宿型講座 
▼LOHASライフ合宿詳細はこちらをクリック!!▼

 

🍎想いやりごはん研究家 うちほりともみLINE@🍎
身体と心が喜ぶ想いやりごはんレシピや、
イベント・レッスン情報、
食と心を整えるミニコラムをお届け!!

友だち追加

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA