心地よくいるための第一歩は、今の自分に気付くこと

心地よくいるための第一歩は、今の自分に気付くこと

 

いつもむくんでいる人は、自分のむくみが分からない。
いつも冷えている人は、自分の冷えが分からない。
いつも痛みやコリがある人は、それが普通になっている・・・。

お世話になっているセラピストさんと、
先日、こんな話になったんです。

 

客観的に見れば、
「それ、しんだいだろうな」
「それがなかったらラクだろうな」って思うことでも、
本人は、それが普通だからしんどさに気づいてない。

身体の不調にも、心の状態や思考のクセにも
当てはまることです。

 

問題を自覚しているから、
問題への対策ができる

私自身、すごく身体が冷えやすいので、
食べ物、ファッション、生活スタイル・・・
いろんなことに気を配っています。

じゃぁ、なんで気を配ることができるかと言うと、
身体が冷えやすいという、
今の自分の問題・状態・特徴を知っているからですよね??

 

問題・状態・特徴が分かっていて、
それを改善したいと思っている。

だから、対策を立てることができます。

「どんなことに気を付けたら、冷えにくくなるかな??」
「もし、注意していても冷えてしまったら、
出来る限り早く身体を温めるためにどうしたらいいかな??」

・・という感じですね!

 

自分のことを客観的に見て、
今、身体や心に窮屈な思いをさせている
要因はなんなのかに気づくこと。

それが出来て、初めて、
心地よくいられるための方法が考えられるんだよね。

 

 

選択権はいつも自分、
だって自分の人生だもの!

“自分に対する気づき”が少ない状態で、
知識・情報ばかり集めていると、
頭でっかちになって、逆に情報に踊らされてしまいます。

 

食べるものに迷い、
食事に不安を感じていたころの私がまさにこの状態。

もともと、周りの人の目や評価ばっかり気になって。
自分の心や本音には蓋をして生きてきた。

本当はどうしたいのか、どうしてほしいのかが
自分自身でも分からず、
自分の判断基準にも自信がないまま。

結局は、いろんな情報や言葉に振り回されて、
一喜一憂して、食べれないことそのものよりも、
“判断・選択基準が、自分の中にない状態”である
ことの
方がしんどかったと思います。

 

他人の意見、外部の情報も参考にするけれど、
最終決定権はいつも自分にある。

そういう自信を持てるよう、
自分の価値観や、判断基準を明確にするということが、
自分のことを深く知るってことです。

関連して、自分が普段何気なく行っている
思考のクセなんかも、自覚することが大切ですね。

 

 

今、自分はどこにいる??
それが分かれば、望む未来への
ルートも分かる!!

冒頭の繰り返しになりますが、客観的に見れば、
「それ、しんだいだろうな」
「それがなかったらラクだろうな」って思うことでも、
本人は、それが普通だからしんどさに気づいてない。

 

いつも自分を抑え込んでいる人は、
自分が我慢していることに気付かない。
いつも「自分はだめだ」と思っている人は、
自分の良いところに気付かない。
いつも自分に鞭打つことが普通になっていたら、
限界超えているのに、無茶し続けることが普通になってしまう。

そういう状態、きっと心地よくはないはずなんです。
ただそれに、慣れてしまっているだけ。
そして、続けていると、いつか自分が壊れます。
身体も、心も、未来に待っている幸せも。

これ、私自身も経験していることだし、
生徒さまやオンラインお食事相談者さま、
あと、友達や後輩の人生相談(!!)を受けるときも、
すごくすごく多いケースです

 

もちろん、なんでも自分の思い通りになる訳ではないし、
生きていれば、無理しないといけない時だって、
岐路に立たされることだって、たくさんたくさんあります。

でもね、そんな時でも、心の状態に敏感になり、
自分が今どこにいるのかが分かっていれば、

マイナス方向にいかないための対策ができる
そして、自分が目指したい方向を見失わなくなるんだよね。

 

心地よくなる第一歩は、今の自分に気付くこと。

「どうやって、今の自分に気付いたらいいの??」
そんなあなたは、【LOHASライフ合宿】を活用してみてくださいね♪

 

 

 

食・心と向き合い、新しい自分と出逢える合宿型講座 
▼LOHASライフ合宿詳細はこちらをクリック!!▼

 

🍎想いやりごはん研究家 うちほりともみLINE@🍎
身体と心が喜ぶ想いやりごはんレシピや、
イベント・レッスン情報、
食と心を整えるミニコラムをお届け!!

友だち追加

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA