摂食障害のない世界へ、私の密かな野望

摂食障害のない世界へ、私の密かな野望

ブログの更新が滞ってしまったので、
たまに、「どうしてるの??」なんてご連絡が来ますがw
私は元気に生きております!!

そして、夏バテで食欲が落ちるなんてこととは無縁で、
毎日、むしゃむしゃと食欲旺盛です笑。

 

今は、とある事情により、自分ビジネスだけに集中することが難しい状態ですが、
夢を描き、そこに向かって試行錯誤しながら
一歩ずつでも進んでいくのは、やはり最高に楽しいもの♡

私はやっぱり食の仕事が大好きで、
目の前の人からありがとうと言われることが大好きで、
そこは個人事業だろうが、お勤めだろうが、変わらないようです。

 

摂食障害は、単なる食の問題じゃない

“食事を通じて、自分自身を大切にできる女性を増やしたい“
“愛する人を、食事で幸せにできる女性を増やしたい“

これは、起業した当初から私が持ち続けている想いで、
今後もきっと、変わることありません。

 

では、なぜ、こういう想いが芽生えたのか?
自分の過去を振り返ると、やはり“私自身の摂食障害 “の
経験があるからこそだと思います。

幼少期から、自分の本音を隠して、“いい子“で居続けようとした私。

自分に自信が持てず、他人の評価ばかりを
気にしてそれに応えようとした私。

自分の食事をおざなりにしてまで、勉強や部活に励み、
結果を残すことにこだわった私。

大学受験に失敗したことがきっかけで自分の存在価値を見失ってしまった私。

 

“辛い“、“しんどい“、“今の自分を認めて欲しい“、“愛してほしい“
…そんな感情を押し殺して何年も生きてきた結果、
“拒食・過食 “という形で心の不調が出てきてしまいました。

 

食事こそ、心と身体に向き合う手段

“自分を認めて欲しい“
…私たち人間は、多かれ少なかれ、承認欲求を必ず持っています。
そして、それを満たせるかどうかが、毎日の幸福感にとっても大きく関わっている。

では、その欲求を満たすには、どうしたらいいでしょう??

 

答えは…

まずは、あなた自身が、
今のあなたのことを、認め、受け入れ、愛すること。

自分を振り返り、自分の本音に敏感になり、
押し殺すのではなく、受け入れてあげること。

自分の心の声や身体の声を無視しないこと。

 

この、自分の心の声や身体の声を大切にするということに、
深くリンクしているのが、毎日の食事なんです。

なぜなら、食べているもので心と身体は作られるし、
心と身体の状態によって、食べたくなるもの、食べ方、
食事に対する考え方が、全て変わっていくから。

 

摂食障害をなんとかなおそうと、自分の食生活を分析し、
過去に抑えてきた感情とひたすら向き合ってきた経験がある私だからこそ。

その積み重ねの結果、摂食障害を克服した私だからこそ。

声を大にして言いたいです。

 

 

食べることへの不安を抱える人が
いない社会をつくりたい

そんな私の野望の1つは、“社会から摂食障害をなくすこと“

摂食障害がなくなるということは、
食に対する正しい認識が普及すること、
自分自身を愛せる人が増えることを意味すると思っています。

 

そういう風に幸せになった人が、今度は周りの人を幸せにしていく
…もうね!!この先には、平和しかないと、本気で本気で思うよね!!

 

さぁ、かなりの長文になりましたが!!
私は、この夢を叶えるために、これからも全身全霊走り続けます!

そして、私が愛する人は、絶対私が幸せにする!!!!!

…という、自分に気合を入れるための、宣言の投稿でございました!💦
この暑いなか、熱すぎる(熱苦しいとか言わないでね!笑)文、失礼いたしました💦

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA