大事な人が、行方不明になりました

大事な人が、行方不明になりました

つい先日、プライベートで
とっても勉強になったことがあったんです。

料理とは、全然関係
ないんだけど、
シェアさせてくださいね^^

 

極寒の真夜中、大切な人 行方不明事件

私は、普段は一人暮らしなんだけど、
変則的に帰ってくる家族がいます。

変則的にっていうのは、仕事の関係で、
来る時と来ない時があるってことです。

 

でね、その日、こちらに来る予定のはずが、
終電過ぎてからも帰って来ないし
LINEで連絡しても既読にならないし、
電話を何回かけても反応が
なかったんですね。

そのまま日が回っても連絡はなし、
深夜1時になっても音沙汰ない。

 

夜遅くになるのは、
初めてじゃないとは言え、
ここまで遅くなると、さすがに心配になる。

もうね、どこにいるかも
誰といるかも分からない。
時間的にもなにもできないし、
一人途方にくれました。
(そして、眠くて仕方なかったのも否めないw)

 

そういう時ってつい、
最悪のケースを考えてしまうもの。

「何かに巻き込まれていたらどうしよう・・」
泣いても仕方ないんだけど、
半泣きになっていたところ、
2時前にやっと電話が。

それから、30分ほどで、
よく歩けたなぁと不思議に思うほど、
酔った状態で帰ってきましたw

 

その瞬間、安堵と共に、
ちょっとした怒りが。

「どうして全く連絡もせず、
真夜中まで帰ってこないの?
こちらが、どれほど
心配してるか分かってる?!」と。

 

旦那さんや、恋人との間で
同じような経験をしたことのある方、
いらっしゃるかもしれませんね^^;

 

 

“ぶつける”ことも、愛情表現

以前の私は、こういう時、感情と言葉を
自分の中にしまい込んでしまっていました。

「伝えて、嫌われたらどうしよう」
「言い合いになって、喧嘩するのは避けたいな」
「私が我慢したらいいことだから、なにも言わずにいよう」

 

でも、これって、
相手が不快にならないよう
気遣うように見えて、
本当は自分が傷つかないように、
自分を守っているだけなんですよね。

相手のことを本当に思うなら、
思いはちゃんとぶつけるべきなんです。

 

ただ、怒りボルテージMAXの
ままでぶつけたら、
相手だって、いい気はしないはず。
だから、言葉や表現を、相手に合わせて工夫する。

身内だから、近しい人だからと言って、
遠慮なく一方的にぶつけていいわけではなく、
距離が近い人ほど、「どう伝えるか」を大切にする

身近な人ほど、
“分かったつもり”になりがちだからね。

 

結局、相手の心に響くか、
それとも相手の心に傷をつけるかは、
内容以上に表現次第、言葉次第
なんだなぁと思います。

でも、ここが腑に落ちると、
「言いたいことがあるけど、
相手に遠慮してしまって、伝えられない」
なんてことがぐっと減るんですよね^^

 

 

 

そんなこんなで、
今回は私も、遠慮なく、
伝えたいことはバシッと伝え、
今後の対策法まで決めました笑。

また同じようなことが
起こらなかったらいいなぁ…
今後に期待ですねw

そして、今回は大ごとでなかったけれど、
大切な人にだって、いつ何があるか分からないのも事実。
一緒に過ごす時間を本当に大事にしようと、
改めて思った出来事でした(/_;)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA