お腹だけでなく、“心が喜ぶ・満たされる”食事をしよう

お腹だけでなく、“心が喜ぶ・満たされる”食事をしよう


以前の記事で、

こんなことを書きました。

 

拒食や過食、本当は、悩んでいるのは、
あなた一人だけじゃないんです。

そして、悩むのも、
拒食や過食から抜け出せないのも、
あなたのせいじゃない。

食事のことを学んで、
自分のために丁寧にお料理して、
心や身体にゆっくり向き合う。
そうすれば、絶対に解決できます。

 

5年ほど前、私は、
病院に勤めていたんだけど、
その職場がとってもストレスフルだったんです(:_;)

大学生の頃、ストレスが原因で拒食になりましたが、
今度は、過食が止まらなくなった。

 

仕事が終わって家に帰ると、
甘いものが無性に欲しくなって、
ロールケーキ1本とか、ホールのケーキとか、
毎日のように1人で食べていましたw

当然食べ過ぎで、
気分が悪くなることも日常茶飯事。
胃腸薬が常備役でした(:_;)

 

 

 

お腹が空いていたわけではなく、
心が満たされなかった毎日

 

過食しながらも、分かっていました。
自分はお腹が空いているわけではないと。

ストレスや疲れがたまると過食してしまったり、
食欲の波が激しかったりするのは、
気持ちが不安定だからなんだと。

じゃぁ、どうしたらいいの?
ストレス発散のための過食が、
さらに心がもやもやする原因になる・・・

そんな負のループにはまって、
1年くらい悩んでいました。

 

 

お食事の悩み、原因は別のところにある

そんなループから、どうやって抜けたのかというと、
あらゆることについて、ストレスを感じるほど我慢しないことにしたんです。

拒食症になった時、
食べるものを見直そうとした私は、
身体にいいと言われるもの“だけ”を取り入れようとしました。

身体にいいと言われるもの“だけ”。
この“だけ”っていうのがクセモノで。

これって、自分が身体によくないと思っているものは、
「食べたい!!」欲求を抑えて、我慢しちゃうってこと。

 

だから、こんなふうにしてみたんです。

食べたいと思ったら、我慢せずに食べる。
食べたくない時は、食事時でも食べない。
どんなものでも、ゆっくり味わう。
過食しちゃっても、自分を責めない。
むしろ、食べすぎちゃうほど美味しいものがあることに感謝する!笑。

 

お食事だけでなく、
仕事の仕方(前に書いたストレスフルな職場から転職)、
一緒に住む人(実家を出て、一人暮らしに)
プライベートの過ごし方(一人でのんびり過ごすか、新しい出会いを探しに)
…全て見直して、変えました。

そしたら、ストレスのはけ口が、
食べ物以外のところに向くようになったし、
そもそもストレスを感じることが激減したんです。
過食も、気付けば自然になくなっていた。

 

過食って、一見お食事のトラブルだけど、
その原因は別のところにある。
頭ではわかっていたけれど、
実際に自分が克服して、すっごく腑に落ちました。

 

 

 

“何を食べるか”よりも、“どう食べるか”“どんな気持ちで食べるか”

食べたいと思ったら、我慢せずに食べる。
食べたくない時は、食事時でも食べない。
どんなものでも、ゆっくり味わう。
過食しちゃっても、自分を責めない。
食べ物があることに、感謝する。

こういうふうに、自分の「こうしたい!」を
大切にして、毎日食事を繰り返していると、

自然と気持ちが安定していきます。

 

ポイントは、
自分の心の声に、その都度、敏感になること。
「食べたい!」と思ってたくさん食べてしまうのはOKだけど、
その前に、「本当に欲しいのか?」自分自身に聞いてみる

TO ME cookingが思う、
心が安定する食事って、こういうこと。

 

例えば、気持ちを安定させる効果がある、
食材や栄養素が、メディアで紹介されたりしますよね!
(有名どころでは、GABAとか・・・チョコレート、流行ったよね!笑)

でも、これを食べていたらいいのかというと、
そうじゃないと断言できる。

 

なぜかというと、食べるものがいくらいいものでも、
食べ方が良くなかったり、食べる時の気持ちが不安定だと、
ちゃんと身体に吸収されないから

それでは、食材や栄養素の効果なんて、
一向に出てきません^^;

 

 

大切なのは、“何を食べるか”よりも、
“どう食べるか”“どんな気持ちで食べるか”。

身体のためにも、心のためにも、
とっても大切なことです!!

食事を整えるって、単に、
我慢や制限を自分に強いることではありません。

まずは、“美味しく・楽しく・感謝して”が一番です♪

 

1つ前の記事で、“身体が喜ぶ食事”についても
書いたので、まだの方は、
ぜひ読んでみてくださいね^^
>>【 最近よく聞く“身体が喜ぶ”って、どういうこと?? 

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA