最近よく聞く“身体が喜ぶ”って、どういうこと??

最近よく聞く“身体が喜ぶ”って、どういうこと??

 

「自分の身体と心が喜ぶものを食べましょう!」

TO ME cookingのレッスンでも、
このブログでも、耳にタコができるほど笑
繰り返しお伝えしています。

 

それでは、身体が喜ぶってどんなことなのか?
心が喜ぶってどんなことなのか?

曖昧なままでは実践できないので、
もう少し掘り下げて、お話をしていきますね!
今日は、“身体が喜ぶ”について♪

 

“身体が喜ぶ”ってなに??

“身体が喜ぶ○○”
・・・数年前から、
よく耳にしません??

ざっくりと、“健康にいいもの”という
イメージではないでしょうか。

 

私が思う“身体が喜ぶ食事”というのは、
◆ 旬の食材を中心にした食事
◆ 食べる人の体質に合った食事
・・・の2つ。

ただ、どちらか片方じゃなくて、
この2つをかけ合わせることで、
あなたにとっての“身体が喜ぶ”食事ができあがります。

 

 

旬の食材を食べないと損?!何がいいの??

日本には四季がありますが、
その土地で生まれ育った私たちの身体・心も、
季節の移ろいに合わせて変化していきます。

例えば・・・
冬は、寒さから身を守るために、
身体も心もエネルギーを蓄えようとする時期。
その後の春は、デトックスの時期で、
冬に蓄えたものを排出する時期。

 

自然に沿った暮らしをしていると
人は心も身体も元気になる。
逆に、逆らったことを続けていると
様々な不調が起こります。

 

人間の身体の機能や心の状態は、
自分自身が自覚していなくても、
季節に合わせて変化しているんですよね!!

だから、その変化に合わせて、
身体の各器官の働きを促進するものを食べたり、
その時期に起こりやすい不調を
食事でケアできれば、コワいものはない!!

そこで一押しなのが旬の食材
これは、基本的にどんな人にも
取り入れていただきたいものです^^

 

 

“想いやりごはん”を作るカギは○○に合わせること

じゃぁ、旬のものを食べてさえいればいいか?
というと、そうではありません。
(そもそも、同じ食材ばっかり食べてたら、
飽きちゃいますよね^^;)

もうひとつ、食事を選ぶ時に
考えたいのが、食べる人の“体質”

 

体質によって、調理の仕方、
組み合わせる食材を変えることで、
身体を内側から整えてくれる
お家ごはんを作ることができます^^

逆に、いくら旬のものでも、
体質に合わない食べ方をしていたら、
不調の原因になりえるわけです涙。

 

だから、自分の身体のことを
ちゃんと知っておかないといけない。

ちょっといつもと様子が違う時、
「違う」ということに、ちゃんと気づかなければいけない。

 

これ、自分自身の食事を作る時はもちろんのこと、
ご家族の食事を作る時や、
誰かをおもてなしする時も同じですよ!!

 

 

 

あなたの身体と未来を作るのは“あなたのため”の食事

ここまで読んだあなたはお気づきかもしれませんが・・・
万人の身体にいい食事・食材って、あるようでありません。

あなたの身体と未来を作るのは、“あなたのため”の食事。
あなたの大切な人の身体と未来を作るのは、“あなたの大切な人のため”の食事。

 

今後、ブログでは、
季節別・体質別のおススメ食材・調理法なども
紹介していきますので、どうぞお楽しみに^^

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA