私が無料相談をやっている理由

私が無料相談をやっている理由

 

現在、LINE@に登録してくださっている方限定で、
無料相談を行っています。

回数は特に制限しないし、食・料理・健康・心などに関することであれば、
お答え出来る限りで、対応させていただきます。
(私は、管理栄養士や医師ではないので、
そういう方向性の専門知識は、求められてもお答えできないですが・・・)

 

有料のセッション、カウンセリングサービスもたくさんあるし、
回数無制限にすれば、相応の時間や労力がかかる。

「それなのに、なぜ無料にしているの??」
・・とよく聞かれるんだけど・・・

 

答えは1つ。
たとえお金をいただかなくても、やりたいことだから。

 


過去、食事のことで悩んでいた私が一番欲しかったものは、
親身になって、共感して、話を聞いてくれる誰かの存在。

“同情”じゃなくて“共感”してくれる人をずっと探していた。
でも、見つけられなくて、ただただ苦しかったんだよね。
食べられない現状よりも、心でつながっている人が
いないことが辛かった。

 

摂食障害が落ち着いてきた頃に、
そんな自分の本心を知った時、
涙が止まらなかったし、
私がそういう、“話を聞いてくれる誰か”
になりたいと強く思ったんです。

 

過去の自分のように苦しんでいる人が、
少しでも希望を感じられるならば、
私は自分の時間、知識、経験を、喜んで共有したいと思う。

もちろん、文章でのやりとりだから、
限りがあるんですけどね・・・涙。

 

 

心のクセも、身体のクセも、食事のクセも、
ちょっとやそっとではなくなりません。
だって、何か月も、何年も、何十年もかけて、
あなたの中で作られていったものだから。

“今”は、悩んでいても変わらない。
変えられるのは、“一歩でもいいから進むこと”の繰り返し。

だからこそ、その一歩を後押ししてくれる存在が必要で、
その一歩進む勇気をくれるのが、共感してくれる人の存在なんです。

 

私たちは、例外なく、1人で生きていける人はいない。
絶対、誰かに支えられていきているはずなんですよね

でも、それを実感できて、孤独感、不安感から解放されるには、

◇ 心から安心できる場所があること
◇ いつでも頼れる駆け込み寺を持っておくこと

◇ 「自分は人に頼ってもいい(くらい価値がある)存在、
迷惑かけてもいい(くらい価値がある)存在」と知ること

・・・が大切じゃないかな。

 

 

TO ME cookingを、そういう場所に、駆け込み寺に、
そして「私は私だけの価値がある」と気付けるきっかけに。

些細と感じることでも大丈夫ですので、
何かあれば、ぜひお友達登録&メッセージくださいね♪

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA