大切な人を守るために。独身の方こそお料理して欲しい!

大切な人を守るために。独身の方こそお料理して欲しい!

 

「結婚したら、旦那さんのためにお料理出来るようになりたい」
「自分の子どもには、安心安全なものを食べさせたい」

きっと多くの女性が願うことだと思います。

私は、まだ旦那さまも子どももいないけれど、
将来のパートナーや子どもの食事は、
絶対に適当にしない自信がある笑。

 

 

女性として、食卓を預かるものとして、
家族の健康を気遣い、食事を大切にするのは
もちろん素晴らしいことなんだけど、
それ以上にアンテナを張って欲しいのが、自分自身の食事

 

食事って言うと、“何を食べるか”に、
まず気が向くかもしれないけど、

どんな気持ちで食べるのか。
どんな食べ方をするのか。
誰と食べるのか。

・・・も、本当に、何を食べるか以上に大事なんですよね!

 

遅くまで仕事を頑張り、家に着くころにはふらふら、
外で買ってきたお惣菜やカット野菜で作ったお料理を、
テレビやネットを見ながら食べて、ご褒美にスイーツやお酒も・・・
という方も、きっといらっしゃるかと思います。

それでもいいんです!!
美味しく食べれば♡

でもね、それがたまにではなく、
当たり前の食習慣になると、
身体と心のエネルギーはどんどんなくなってしまうの。

ここで言うエネルギーというのは、
いわゆるカロリーではなくって、
“パワー”や“元気度”のようなものですね。

 

将来、食事で守りたい人がいるなら、
まずは、自分を食事で守れること、
自分を食事で幸せにできることが大切。

「忙しいから出来ない」「お料理が苦手だから出来ない」じゃなくて、
ほんの少しの出来ることからスタートしてみる。

そしたら、少しずつでも、確実に変わるんです。

 

(毎日のお食事で、“確実に”自分を変えてきているレッスン参加者さま♡)

 

私のレッスン、いろんな方にお越しいただいていますが、
一番多いのは、実はママさんです。
(私、独身なのに・・・っていう心の声はさておき笑。)

でも、本当は、一番来ていただきたいのは、
食について真剣に学んでいただきたいのは、
独身の方やこれからお母さんになる方、なんです。

旦那さまができる前に、子どもができる前に、
学んで、自分自身でで実践して欲しいの。
まずは、“自分のための料理”を、自分の手で作れるようになって欲しいの。

そうじゃないと、他の人のために、
気持ちよくやり続けることって、なかなか出来ないから。

 

「私の今の状態だったら、どうしたらいい??」
そんな方は、お気軽にご連絡くださいね!!
あなたのためのお食事、一緒に考えていきましょう♡

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA