身体・心のケア別レシピ、世の中にもっとあればいいのに!!

身体・心のケア別レシピ、世の中にもっとあればいいのに!!

「自分の心・身体の声を聞いて、
必要なもの食べましょう!!」
…という話を、ブログでもFacebookでもよく書いていますが、

じゃぁ、その声を正しく聞けたとして、
“何をどうやって食べたらいいか”を知らないと、
お料理には落とし込めないなぁと、
今更ながら、ハッと気づきました。

例えば!
「疲労回復には豚肉がいい」と
言うのは有名だけど、
どんな豚肉料理でもいいかと言えば、そうじゃなくって。

*どういう食材・調味料と組み合わせたら効果的か
*そもそも何が原因で疲れているか
*その時期の旬は何か
…などによって、作るといいお料理は変わってきます。

「スタミナつけるため!!」とか言って、
トンカツを安易に選んじゃダメですね笑。

 

でね、「なぜそうするか」という理由をつけて、
紹介しているレシピってすごく少ないなぁ、と思ったんです。
食材別レシピはたくさんあるけど、
あくまで、その食材を使うところで止まってる…。

この理由と言うのは、
栄養学、食材の知識、身体の仕組み、調理科学などの
いろんば分野の知恵が関係してきます。

栄養の話、と言うと、
難しそうに感じるかもしれませんが、
毎日の生活にちゃんと結びつくように学べば、
イメージしやすいから分かりやすいし、
ものすごく役に立ちます!!
迷わないし、悩まなくなる。

 

このケア別レシピ、
ご高齢者向けとか、病気療養中の方向けのものは
少し調べれば出てきます。

でも、OLさんが、自分のごはんに作ったり、
お母さんが、旦那さんやお子さんの
調子に合わせてお料理したい時、
参考にできるものは、まだまだ少ないのが事実。

 

女性ファッション誌などに多い美肌レシピも…
旬を無視していたり、
男性や子どもにはウケそうになかったり、
添加物やよくない油が入ってる市販のドレッシング使ってたり笑、
残念だなって思うものが多々あります。

そして、美肌と言っても、
乾燥肌を治したいのか??
紫外線対策をしたいのか??
ニキビに悩んでいるのか??
によって、全然違いますよね!!

 


“TO ME cooking”というからには、

来てくださった方が、
自分の身体や心や好みに合わせた
“自分のための料理”を作ってもらえるようになって欲しい。

だから、統一したレシピをお伝えすることに、
実は密かな違和感を持っていました。

レシピをご紹介して、それぞれのお家ごはんの
バリエーションを広げるお手伝いができるのは、
本当に光栄なこと。
でもそれは、“TO ME cooking”じゃないなって。
今回は、今後のレッスンを企画していく中で
ふと出てきた考えを書いてみました。

もし、「こんなケアレシピが知りたい」などあれば、
問い合わせフォームよりリクエストくださいね♪
(それでも、単にレシピを教えるレッスンには
したくないなぁというのが本心です笑)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA