“身体にいい”って、自分の基準で選んでる??

“身体にいい”って、自分の基準で選んでる??

身体にいいごはん
身体に優しいごはん
健康にいいごはん

本でも、SNSでも、私のブログでも笑、
よく見かける言葉ですよね??

それでは、この“身体にいい”“身体に優しい”
“健康にいい”って、具体的にはどういうことだろう??
皆さん、これ、考えたことありますか??

 

私が思うに、明確な1つの正解と言うのはないんじゃないかな。
(明らかな間違いはあるでしょうけど・・・)

だからこそ、“これ、身体にいいよ!”って、
アピールしているものを
見た時、
それがどういうふうに身体に良くて、

今のあなたにそれが必要なのかどうかを、
しっかり判断することが、とっても大事です。

これはね、
「何だか食べていたら、身体に良さそうだから」
では、
食べ続ける理由としては良くないということです。

嗜好品のような感覚で、好きだから食べるのであれば、話は別です笑。

例えばですが・・・
身体にいいと言われるヨーグルト。

Aさんは、“健康のために” ヨーグルトを食べ続けている。
Bさんは、“ヨーグルトが好きだから” ヨーグルトを食べ続けている。

同じ食べ続けるでも、理由が違いますよね。
これね、AさんもBさんも、
実はヨーグルトが体質に合っていな
かった場合、
Aさんの方が、身体に負担をかけ続ける可能性が高いんです。

なぜかというと、「ヨーグルトは自分にプラスになっている」と
思い込んでしまっているから。
少し変な表現になりますが。
ヨーグルトの力を、過信してしまっている状態です。

それに、自分が「イイ」と思って食べているものが、
まさか自分の不調の原因になっているなんて、
なかなか疑わないですよね笑。

 

だからこそ!
繰り返しになりますが、
「身体にいい」と耳にしたものでも、
それがどういうふうに身体に良くて、
今のあなたにそれが必要なのかどうかを、
しっかり判断することが、とっても大事です。

 

そして、それは、
無料で見られるネットやTV番組だけから

情報収集していてはだめ。
食だけにかかわらず、今はたくさんの情報がタダで手に入るけれど、
生きた情報を、時にはしっかりお金を出して学ぶことが大切です。

将来、医療や介護にかけるお金と
良い食材や食について学ぶことにかけるお金、
どちらがあなたにとって有意義なものになるか
少し考えてみることをお勧めしますよ(^^)

 

ちなみに・・・
上の例、私はBさんタイプ。

ヨーグルト、実は大好きです♡
(プレーン・無糖に限る笑)

でもね、乳製品は、私の今の体質には
あまりあっていないんですよ^^;
だから、あくまで、おやつとして食べてます♪

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA