おうちごはんはシンプルでいい、シンプルがいい。

おうちごはんはシンプルでいい、シンプルがいい。

「息子がね、じゃがいもを醤油麹とちょっことのバターで
和えたおかずが大好きで。
料理って、こんなにシンプルでもいいんだって思っちゃった。」

これは、今年の3月、発酵調味料で作る常備菜レッスンに
ご参加くださった方が、つい数日前に仰っていたこと。

この方、ご本人曰くお料理がとっても苦手。
フルタイムで仕事をしながら個人事業もしていて、
とってもご多忙なんだけど、
「家族のためにパパっと料理ができるようになりたい!」
とレッスンにご参加くださったんです。

その後、どうなったかと言うと、
週一回の常備菜作りが習慣になって、
毎週お野菜たっぷりのおかずを作っていらっしゃいます♪
レッスンでお伝えした醤油麹も、愛用してくださっているよう。


例えば、プロのシェフみたいな特別な技術を身につけたら、
それはそれは美味しいお料理が作れるようになるかもしれないけれど笑、
それは、“お店ごはん”の美味しさで、
“おうちごはん”の美味しさとはきっと別物。

おうちごはんの美味しさって、
誰かが他でもない自分のために作ってくれることで宿るもの。
そして、特別な技術や調理器具や調味料がないからこそ、
素材の美味しさをシンプルに味わえるもの。
目の前の材料の味、食感、色を活かすにはどうしたらいいかな??
楽しみながらイメージを膨らませれば、お料理はそれだけで変わる。

余計な手を加えたり、難しいことはしなくても大丈夫。
そのかわり、愛情をこれでもか!!と込めたらいいんです^^

 


例えば!
こんな簡単なサラダでも、
卵が好みの硬さに茹でてあって、
ドレッシングは手作りで…となれば、
全然難しそうじゃないけれど、なんだかほっこりしませんか??

「お料理が苦手!作るのめんどくさい!!」という方は、
もしかしたら、難しく考えすぎているのかも。
シンプルでいい。
シンプルが美味しい。

手間がかかるものを悶々としながらつくるよりも、
簡単なものでも丁寧に心を込めてつくった方が、贅沢な食卓になりますよ♡

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA